2017年9月29日金曜日

[雑記]業界に激震走る10倍規制・・・一体だれが得をするのか?

皆様お久しぶりです。

だいすけです。
生きてます。

ちょっと2か月ほど相場から遠ざかっていたら、すっかりトレードする意欲を失っていました・・・。
そして、それを後押しするような報道が・・。

FX証拠金倍率を引き下げ 10倍程度に、金融庁検討

な・・・・・。
ただでさえ、海外に比べて厳しすぎる規制をさらにきびしくする(かも)という報道が・・・。まぁ金融庁からのリーク記事なのでしょうが、これはなぜなのでしょうか?

もうあまりに腹が立つので、陰謀論よろしく妄想を垂れ流したいと思います。
あと要望も。

1.倍率規制で一体だれが得をするのか?
 倍率規制で、消費者保護をうたっていますが、まったく保護になりません。
 それどころか、同じ通貨ポジションを保有するのにより大きなお金が必要になるため、消費者に負担を強制します。50%強制ロスカット時の金額もより大きくなります。
 大きな為替変動の時に損額が大きくなるという事を防止するといっていますが、同じ通貨量をもっていれば損額は同じです。
 どこまでリスクをとるかは、投資家の問題で金融庁が制限するような事ではありません。(断言)

 では、業者はどうでしょうか?
 業者は金融庁が制限をしてくれることで、倍率競争をする必要がなくなります。そのため助かるといえば助かるかもしれません。

 で、なぜ金融庁が倍率を制限すると消費者保護になるのでしょうか?
 業者のところで、あえて書かなかった事があります。証拠金がーになることによる資金回収が出来ない事態を減らすことが出来ます。これが一番のメリットです。
 金融庁が上限倍率を規制すると、業者もそれを口実に倍率を合わせることができます。投資家がより大きな金額を口座に入れる必要が出てくるため、急激な変動による資金回収漏れを防ぐことが出来ます。

 スイスフランショック時のアルパリUKのような事態を防げるのです。

 業者が倒産すると、投資家が預けていた資金の引き出しに制限がかかる可能性があるかもしれません。日本の業者は顧客からの預かり金を分別管理する必要がありますが、ここでは(一部)顧客からの預かり金が-の状況になっている状況ですので、全額返金されるかどうかあいまいです。
 これが、金融庁がいう消費者保護ということなんだろうなということは想像できます。

 金融庁の理論ロジックは業者を保護すれば、それが実質消費者保護なんでしょ?ということと思われます。

 ところが、これではFX業界がどんどん縮小していくだけではないでしょうか?業者を保護するといいましたが、業者にとっても取引が縮小して手数料収入がトレード金額そのものが減るのはデメリットです。 

 これでは、高倍率で、ゼロカットシステムを導入している海外の業者がどんどん魅力的に写ります。
 どんどん日本のFX業界が衰退していくのを目にしている感じです。

 こんなどんどん規制ばっかり作っていくのはなぜなんでしょうか?規制緩和が叫ばれて久しい今日、次から次へと規制を作っていくのは、金融庁と金融先物取引業協会の天下り先確保のためのマッチポンプに見えるのは私だけではないはずです。

 では、FX業界を盛り上げていくにはどうしたらよいでしょうか?
 私の考えは次の通りです。

・倍率規制の解除
・ゼロカットの導入

 要は、リスクを取りすぎる投資家が想定していない損害を被るのが問題ということです。海外の業者で導入されているような、ゼロカットを導入すれば倍率規制をなくすという事にすれば、この問題はすべて解決します。

 ゼロカットは、(多分)取引スプレット内に保険料が含まれている仕組みです。取引毎に保険料を支払い、値段が飛んだことによる証拠金不足に陥った場合、保険料から補填されるという仕組みです。

 ゼロカット向けの保険会社を設立して、業者は保険料を支払う事で、補填を受けるという形にしておけば、保険会社は保険業を維持できるボリュームを維持できるはずです。まぁ金融庁も新しい天下り先を作れるために、それほど悪い提案でもないはずです(笑)

 投資家は、倍率が低いが手数料が安い業者と、倍率が高いが手数料が高い業者をトレードの内容によって選択可能です。

 規制によって制限するばかりではなく、新しい仕組みによって、すべての人たちが幸せになるような形に収まってほしいものです。

 全然、トレードと関係ない話ですが、もうあまりにショックだったので・・・。
 あー。私も海外業者にしようかなぁ・・。税制面の問題を込みにしても10倍制限はありえない・・・。

「MT4でFXを勝ち抜く研究をするブログ」で公開している無料インジケータは、こちらの一覧から。
インジケータ一覧

Twitterもよろしくお願いします。
https://twitter.com/mt4program
Trading View プロフィール

ブログランキングにご協力よろしくお願いします。m(._.)m
にほんブログ村 為替ブログ FX テクニカルトレード派へ
にほんブログ村

お約束ですが、本ブログは、投資に対する利益を約束する物ではありません。最終的には自己責任によるご判断よろしくお願いいたします。

2017年8月23日水曜日

[ハーモニック]ハーモニック+LSMA2σ戦略(EURUSD編)

近況報告を兼ねた宣伝です(笑)

フラクタルバンドはフラクタルの頂点の回帰直線をチャネル風に描くインジケータです。


FX-ONからの購入はこちらから。フラクタルバンド 1680円

フラクタルバンドは過去検証が面倒でEA化するにはちょっと不向きという問題があるためです。

そこで最近は、回帰直線の計算式を利用したLSMAを最近利用しています。
LSMAはラインとしては描画せずに、その都度の中心値と幅だけ描画するインジケータです。(計算対象がフラクタルと、Close値といことで値も少し違っていますが・・)

いくつか利用法があるのですが、まず第一案として、フラクタルバンドの2σ越えとハーモニックの組み合わせたフィルタリング手法です。


画像は、ここ最近のEURUSDで、D点がLSMA 2σ越えをした場合にのみに色付けしたものです。4勝1敗となかなかの成績となっています。

今検証中の戦略として、次の組み合わせを考えています。LSMAなかなか優秀なんですよね。たぶんEURUSDにおいてはLSMAが抵抗になっているのが多々見受けられるため、よく使われているのだろうなぁと想像しています。

1.ハモ発生後のエントリーラインをLSMA越えに置く
2.ハモのフィルタリングにLSMAのバンドを利用する
3.2もしくはSMIの30・70越えは積極的になる

これに、複数通貨の強弱インジを利用して、EURUSDだけではなく、長期的に弱い通貨に対してハモで売り、強い通貨でハモで買いという形でどうかなーなんて考えています。

まぁ忙しいので次組めるのはいつになることやらッて感じなんですけどね・・・。シルバーウィーク??

せっかくなので、関連インジケータを紹介したいと思います。

LSMA FX-ONからの購入はこちらから500円
LSMA EURUSDのみ利用可能な試用版
紹介記事はこちらから
http://mt4program.blogspot.jp/2017/05/mt4lsma.html
最小二乗法平均にバンドとアラートを付けたインジケータです。傾きによって背景色を変える機能もあります。

ハーモニックパターン検出インジケータ
(EURUSD4パターンのみの試用版あります)
MT4向けハーモニックパターン検出インジケータとして、皆様のご要望を取り入れ、こりに凝りまくったインジケータです。
このサイトやTiwtterでも何度も取り上げているインジケータです。私は主にEURUSDのトレードで利用しています。
FX-ONのページはこちらから 試用版もあります。


事前ハーモニック表示インジケータ
まだ発生していないハーモニックのD点位置をあらかじめ知っておきたいという方向けに作成しました。ポジションのターゲット価格として、ハーモニック発生時にさらに奥に次のハーモニックがあるかどうかの判定にご利用いただけます。
FX-ONのページはこちらから


複数通貨ハーモニック監視インジケータ
こちらもご要望を受けて作成したハーモニックの発生状況を一括表示できるインジケータです。
発生種別、発生後の足の本数、事前ハーモニックの有り無し(#)が一覧表示されます。あと、表の中をダブルクリックすると、対応したチャートを開きます。(例えばEURUSD H1の欄をダブルクリックするとEURUSD H1のチャートを開きます)
その際、定型チャート名を指定することが出来るため、あらかじめ登録した組み合わせのインジケータが表示された状態でのチャートを手軽に開くことが出来ます。
FX-ONのページはこちらから

あんまり手広くやると痛い目見そうなのですが、強弱で弱い通貨に売りとか強い通貨に買いとかのハモがでたらトレードしたいなぁというのが現在の目標です。

「MT4でFXを勝ち抜く研究をするブログ」で公開している無料インジケータは、こちらの一覧から。
インジケータ一覧

Twitterもよろしくお願いします。
https://twitter.com/mt4program
Trading View プロフィール

ブログランキングにご協力よろしくお願いします。m(._.)m
にほんブログ村 為替ブログ FX テクニカルトレード派へ
にほんブログ村

お約束ですが、本ブログは、投資に対する利益を約束する物ではありません。最終的には自己責任によるご判断よろしくお願いいたします。

2017年8月17日木曜日

通貨の強弱を表示するインジケータV1.01リリース

通貨の強弱推移を表示するインジケータですが、バーが更新されるとラベルが全てEURになってしまう不具合がありました。


は・恥ずかしい・・・・修正したバージョンをアップロードしました。過去記事のソースも修正しました。

FX-ONのダウンロードはこちらから


「MT4でFXを勝ち抜く研究をするブログ」で公開している無料インジケータは、こちらの一覧から。
インジケータ一覧

Twitterもよろしくお願いします。
https://twitter.com/mt4program
Trading View プロフィール

ブログランキングにご協力よろしくお願いします。m(._.)m
にほんブログ村 為替ブログ FX テクニカルトレード派へ
にほんブログ村

お約束ですが、本ブログは、投資に対する利益を約束する物ではありません。最終的には自己責任によるご判断よろしくお願いいたします。