2016年2月2日火曜日

前方移動平均をFX-ON様で無料公開しました。

検証していた前方移動平均をFX-ON様で無料公開しました。

過去の分析という意味では、かなり役に立つと考えています。単純に支持線・抵抗線・トレンドラインを引く目安としてクロス位置を利用するだけでも、参考になりそうです。

例えば、現在のEURUSD1Hにおいて、長い期間後のクロスの場合は水平線、短い期間後のクロスにはトレンド線を描きます。

水平線は、前方移動平均と後方移動平均のクロス位置、トレンドラインはクロス位置の前後3本における高値安値を起点とします。

とすると、こんな感じの描画になります。




よく、抵抗線・支持線・トレンドラインは引き方が難しいといわれます。どのような視点でも描画可能なためです。
抵抗線・支持線・トレンドラインは過去の決定した値を元に描画します。前方移動平均と考え方は同じです。そのため前方後方移動平均のクロス位置は、その基準に一定のルールを定めることが可能かもしれません。お試しあれ。

・[MT4インジケータ]未来はわかる!そう過去ならね!前方移動平均
実行ファイル:BeforeMA.ex4
ソースコード:BeforeMA.mq4
元記事:
http://mt4program.blogspot.jp/2016/01/mt4_29.html
http://mt4program.blogspot.jp/2016/02/mt4.html


その他、公開中インジケータは、ブログ左のダウンロードアイコンか、こちらのリンクからどうぞ。
公開中のインジケータ一覧


ブログランキングにご協力よろしくお願いします。m(._.)m
にほんブログ村 為替ブログへ

0 件のコメント:

コメントを投稿