2015年9月29日火曜日

[書評]ロケット工学投資法

なんとなくですが、強く影響を受けた本を書評を。

■ロケット工学投資法

※画像をクリックするとAmazonのページに飛びます。

ジョン・F・エーラースさんという、EA開発の世界では有名な方が書かれています。
2013年ぐらいまでEAの世界で猛威を振るったR-Mesa 3というシステムを作成した方です。

この方は勉強会などの開催や執筆にも熱心で、ロケット工学投資法もその一つです。

この本は私がEAやインジケータの開発を行うようになってから読んでとても影響を受けた本です。
ロケット工学となっていますが、実際には信号解析の手法をFXに取り入れて取引タイミングを計るやり方が記載されています。
掲載されているアルゴリズムは、そのままでは現在の相場には適用できにくいことがありますが、数理解析を取り入れる考え方に強く影響を受けました。数学を武器にFXにチャレンジしよう!と思ったのもこの本がきっかけになっています。

この本を読んだあとから、統計学を改めて勉強しなおしたり、モデル化について学習したり、ウェーブレット変換について実装してみるきっかけになりました。

ちなみに本の内容はがっつりベクトル演算的な数式盛りだくさんで、EasyLanguageという日本ではなじみのないと思われるMultiChartsというアプリ向けの言語でサンプルコードが乗っていたりします。高校レベルの数学知識が要求されます。なんとなく掲載コードにバグがあるような気もします^^;;
じっくり読みこんで深く理解する必要があるという意味ではかなり読み手を選ぶ本だとも感じました。

なお、最新の書籍はこちら。まだ未読です。

※画像をクリックするとAmazonのページに飛びます。

結構ぐっとくるお値段ですが、いつか読破したいと狙っています。まぁ値段より英語なのが最大のネックですが・・・。


FX-ONブログランキングにご協力よろしくお願いいたしますm(_ _ )m

0 件のコメント:

コメントを投稿