2015年12月24日木曜日

[MQL超入門] その004 コメントと、定数 変数 計算式 代入式

実際のプログラムに入る前に、最低限必要な知識として

コメントと、定数 変数 計算式 代入式

を説明したいと思います。

■コメント

これは、プログラム上何もしない文字列です。

・・・・?なぜ、こんなものがあるのかというと、作っているときは覚えているのですが、あとから見たときにわからなくならないよう、自由な文字列を入力できるようになっています。

コメントがきれいに書かれているプログラムは、後から見直したときに、なぜ、こんな処理をしたのかを思い出しやすくなります。

MQL上、コメントは、次の二つの書き方があります。

// 1行コメント

/*
ブロックコメント
*/

スラッシュを二つ続けて記入すると、その後ろの文字列は、改行が入るまで、コメントとして扱われます。

また、/* */で囲った範囲も同じようにコメントとして扱われます。

コメントは、プログラム上何もしない文字列ですので、言語に関係なく自由に記載することができます。

■定数 変数 計算式 代入式
定数から、代入式までは、一度に説明したいと思います。

定数とは、1や10など値そのものを指します。
変数は、中の値を変更できる箱と思ってください。
計算式は、+-など四則演算を含む様々な計算をしている式です。
代入式は、変数の中身を変える式です。

さて、一度に説明しましたが、中学数学の方程式を思い出すと、イメージが付きやすいかと思います。具体的なコード例とイメージ図です。

// 変数の宣言
int x;
int y;

// 変数へ、定数の1を代入する。
x=1;

// 1が設定されているxに2を足すため、yは3になる。
y=x + 2;

// yには3が入っていて、3を足すので、yは6になる。
y=y + 3;

図004.01 定数 変数 計算式 代入式

次の回へ


ブログランキングにご協力よろしくお願いします。m(._.)m
にほんブログ村 為替ブログへ

0 件のコメント:

コメントを投稿