2017年3月21日火曜日

[ロウソク足プライスアクション]はらみ線

自分自身の覚書のためも含めて、ろうそく足プライスアクションについて書いていきたいと思います。

記念すべき第一回ははらみ足から。

■はらみ線

前の足の値動きの範囲に次の足の値動きが収まる足の状態です。
トレンドの転換を示すとされています。

図では値上がり時の天井を示すはらみ線を書いてみました。緑線が値動きのサンプルです。高値を付けた後、天井を更新できずにはらみ線が形成された例です。

高値安値を更新している最中に高値安値を更新できなくなったら、いったんの天井では?という考え方です。

図の例はとてもきれいなパターンで、2本のロウソク足を合成すると上髭陽線となります。

■合成すると上髭陽線になるはらみ線


さて、はらみ線が出てくるとトレンド転換ということで再上昇や再下降のタイミングになることがあります。これはどういうことでしょうか?

■上昇タイミングでのはらみ線

値動きのいったんの底値を付けてからの再始動時にも、はらみ線が形成されます。特に小さい時間単位でのロウソク足によく見られます。
このような場合は、髭が長く出たりしますので、はらみ線の形状を見ることも重要です。

同じような形状でもこのような値動きをした場合もあります。


■下降タイミングでのはらみ
一つ二つ下の時間足に移動して終盤の値動きを確認するといったことも必要になってきそうです。

■EURUSD H1 二つのはらみ線による値動きの違い

チャート上に二つの赤マークのはらみ線が出ていますが、1回目のはらみ線では再上昇に2回目のはらみ線では天井につながっています。
1回目は下髭の長い形、2回目は、上髭を付けた形になっています。

[ロウソク足プライスアクション]はらみ線
http://mt4program.blogspot.jp/2017/03/blog-post_21.html

[ロウソク足プライスアクション]包み線/抱き線
http://mt4program.blogspot.jp/2017/03/blog-post_24.html

[ロウソク足プライスアクション]かぶせ線/切り込み線(切り返し線)
http://mt4program.blogspot.jp/2017/03/blog-post_27.html

[ロウソク足プライスアクション]下ヒゲ/上ヒゲ
http://mt4program.blogspot.jp/2017/03/blog-post_28.html

「MT4でFXを勝ち抜く研究をするブログ」で公開している無料インジケータは、こちらの一覧から。
インジケータ一覧

Twitterもよろしくお願いします。
https://twitter.com/mt4program

ブログランキングにご協力よろしくお願いします。m(._.)m
にほんブログ村 為替ブログ FX テクニカルトレード派へ
にほんブログ村

お約束ですが、本ブログは、投資に対する利益を約束する物ではありません。最終的には自己責任によるご判断よろしくお願いいたします。

0 件のコメント:

コメントを投稿