2017年3月24日金曜日

[ロウソク足プライスアクション]包み線/抱き線


■包み線/抱き線

第2回は包み線/抱き線です。
前回のはらみ線の逆バージョンですね。株式の世界では、始値が前の日の終値から飛ぶことがありますがFXの世界では週明けを除いいてほとんどありません。一般的な説明のロウソク足の形よりは少しわかりにくくなります。

包み線/抱き線とは、前の足の高値安値を完全に覆い隠すような形で次の足が形成されている状態をいいます。
特に高値圏安値圏で発生すると転換の合図とされています。

2本を合成すると、上髭陰線が形成される形です。
■合成すると上髭陰線になる包み線/抱き線

はらみ線では、上髭陽線を形成しましたが、包み線/抱き線では上髭陰線を形成するためより強いシグナルとなります。

特に天井圏で複数足を巻き込んだ形を「最後の抱き線」、底値圏では「抱きの一本立ち」といい強いシグナルとなるといわれいます。

■EURUSD H1 最後の抱き線からの下落

ただし、トレンド中のショートカバーのタイミングでもよく発生します。

■EURUSD ショートカバーで抱き線/包み線

本格的に転換する場合、次の足も大きく動くことが多いですので、次の足でそれほど値動きがなかった場合、さっさと逃げるのか吉のようです。

[ロウソク足プライスアクション]はらみ線
http://mt4program.blogspot.jp/2017/03/blog-post_21.html

[ロウソク足プライスアクション]包み線/抱き線
http://mt4program.blogspot.jp/2017/03/blog-post_24.html

[ロウソク足プライスアクション]かぶせ線/切り込み線(切り返し線)
http://mt4program.blogspot.jp/2017/03/blog-post_27.html

[ロウソク足プライスアクション]下ヒゲ/上ヒゲ
http://mt4program.blogspot.jp/2017/03/blog-post_28.html

「MT4でFXを勝ち抜く研究をするブログ」で公開している無料インジケータは、こちらの一覧から。
インジケータ一覧

Twitterもよろしくお願いします。
https://twitter.com/mt4program

ブログランキングにご協力よろしくお願いします。m(._.)m
にほんブログ村 為替ブログ FX テクニカルトレード派へ
にほんブログ村

お約束ですが、本ブログは、投資に対する利益を約束する物ではありません。最終的には自己責任によるご判断よろしくお願いいたします。

0 件のコメント:

コメントを投稿