2016年5月18日水曜日

[MT4インジケータ]フラクタルで近似直線でトレンドラインで・・(研究中)

なんとなく、こうフラクタルを見ていると、散布図っぽいなーとか思わないですか?

フラクタルの矢印だけを描画してみました。
■フラクタルの矢印だけを描画してみた画像


散布図(Wikipediaより)「二つの特性を横軸と縦軸とし,観測値を打点して作るグラフ表示」
となります。
価格チャートの場合、時間軸と価格ですね。

散布図だとすると、点の相関と近似直線が描けそうな気がしてきます。
フラクタルの相関がある一定以上の場合、その近似直線はトレンドラインを示す(かも??)ということで、まず近似直線を描いてみることにします。


■フラクタルからトレンドラインを引いてみた。

青の線が上側フラクタルの近似直線
赤の線が下側フラクタルの近似直線
黄色の線が上下フラクタルの近似直線

ちょうど今下げトレンドですので、わかりやすい下向き直線が出ています。上限下限側もなんとなくそれっぽい位置といえば位置ですが、結構とびぬけています。長期トレンドの短期逆張りといった基準ラインには使いにくそうです。

そこで、上で描いたトレンドラインの外側にあるフラクタルだけで再度トレンドラインを引いてみることにします。

■外側フラクタルだけでトレンドラインを引いてみた。


今のチャートの場合、それっぽく描けてますね。
まとまったら今のフラクタルインジケータに追加したいと思います。

散布図ということは、相関も計算できそうです。次回は相関を計算してみたいと思います。

フラクタルバンド 1680円
頂点位置からレンジ帯を表示する
フラクタルバンド


「MT4でFXを勝ち抜く研究をするブログ」で公開している無料インジケータは、こちらの一覧から。
インジケータ一覧

Twitterもよろしくお願いします。
https://twitter.com/mt4program

ブログランキングにご協力よろしくお願いします。m(._.)m
にほんブログ村 為替ブログ MetaTraderへ
にほんブログ村

お約束ですが、本ブログは、投資に対する利益を約束する物ではありません。最終的には自己責任によるご判断よろしくお願いいたします。

0 件のコメント:

コメントを投稿