2015年9月18日金曜日

[MT4インジケータ&プログラミング]上位時間足を表示するカラフルなボリンジャーバンド

状況に応じて色が変わるボリンジャーバンド他の時間足ボリンジャーバンドを表示する。まで作成したので、これを合体させた、状況に応じて色が変わる他の時間足のボリンジャーバンドを作成してみます。

colorfulMTBB.PNG

状況に応じて色が変わるボリンジャーバンドと同じく、
移動平均:下げ=赤 上げ=青
ボリンジャーバンド:拡大=紫、縮小=ピンク
で表現しています。

ソースコードは基本的には、上記二つの記事を合成したコードとなります。
ラインの途切れをなくすために+1のフィールドも値を入れていますが、これを今と同じ値を入れるのか、表示している時間足の1本前の値を入れるのかを切り替える必要があります。

次回は、これに、アラートとして音が鳴る機能とメールを送信する機能を追加したいと思います。なお、追加おわりましたらコンパイルが面倒な方向けにFX-ON様にアップいたします。
あ、後細かい所ですが、せっかくですので中心線のデフォルトをEMAにしてみました。SMAだとMT4と同じだしっと思い^^;;

��追記)
こーやってボリンジャーバンドを収束・拡散で色分けすると、移動平均関係のシグナルより価格の収束のほうが先行して始まっていますね・・・。見た目上のイメージですが何かに利用できるような予感がします・・。

//------------------------------------------------------------------
// 色が変わるボリンジャーバンド 上位時間足版
#property copyright "Copyright 2015,  Daisuke"
#property link      "http://mt4program.blogspot.jp/"
#property version   "1.00"
#property strict
#property indicator_chart_window

//バッファーを指定する。
#property indicator_buffers 10

//プロット数を指定する。
#property indicator_plots   10

#property indicator_label1  "CenterUp"
#property indicator_type1   DRAW_LINE
#property indicator_color1  clrAqua
#property indicator_style1  STYLE_SOLID
#property indicator_width1  1

#property indicator_label2  "HIGH1UP"
#property indicator_type2   DRAW_LINE
#property indicator_color2  clrSlateBlue
#property indicator_style2  STYLE_SOLID
#property indicator_width2  1

#property indicator_label3  "HIGH2UP"
#property indicator_type3   DRAW_LINE
#property indicator_color3  clrSlateBlue
#property indicator_style3  STYLE_SOLID
#property indicator_width3  1

#property indicator_label4  "LOW1UP"
#property indicator_type4   DRAW_LINE
#property indicator_color4  clrSlateBlue
#property indicator_style4  STYLE_SOLID
#property indicator_width4  1

#property indicator_label5  "LOW2UP"
#property indicator_type5   DRAW_LINE
#property indicator_color5  clrSlateBlue
#property indicator_style5  STYLE_SOLID
#property indicator_width5  1

#property indicator_label6  "CenterDown"
#property indicator_type6   DRAW_LINE
#property indicator_color6  clrIndianRed
#property indicator_style6  STYLE_SOLID
#property indicator_width6  1

#property indicator_label7  "HIGH1DOWN"
#property indicator_type7   DRAW_LINE
#property indicator_color7  clrWheat
#property indicator_style7  STYLE_SOLID
#property indicator_width7  1

#property indicator_label8  "HIGH2DOWN"
#property indicator_type8   DRAW_LINE
#property indicator_color8  clrWheat
#property indicator_style8  STYLE_SOLID
#property indicator_width8  1

#property indicator_label9  "LOW1DOWN"
#property indicator_type9   DRAW_LINE
#property indicator_color9  clrWheat
#property indicator_style9  STYLE_SOLID
#property indicator_width9  1

#property indicator_label10  "LOW2DOWN"
#property indicator_type10   DRAW_LINE
#property indicator_color10  clrWheat
#property indicator_style10  STYLE_SOLID
#property indicator_width10  1

// 対象タイムフレーム
extern ENUM_TIMEFRAMES TargetPeriod = PERIOD_H4;

// 入力パラメータ 移動平均期間
extern int MaPeriod = 21;

//入力パラメータ 表示移動
extern int   MaShift = 0;

//入力パラメータ 移動平均種別
extern ENUM_MA_METHOD MaMethod = MODE_EMA;

//入力パラメータ 適用価格
extern ENUM_APPLIED_PRICE MaPrice = PRICE_MEDIAN;

//標準偏差期間
extern int StdPeriod = 21;

//標準偏差算出方法
extern ENUM_MA_METHOD StdMethod = MODE_SMA;

//σ1
extern double Sigma1 = 1;

//σ2
extern double Sigma2 = 2;

double centerUp[];
double high1Up[];
double high2Up[];
double low1Up[];
double low2Up[];

double centerDown[];
double high1Down[];
double high2Down[];
double low1Down[];
double low2Down[];

//------------------------------------------------------------------
//初期化
int OnInit()
{
//インジケーターバッファを初期化する。
SetIndexBuffer(0,centerUp);
SetIndexBuffer(1,high1Up);
SetIndexBuffer(2,high2Up);
SetIndexBuffer(3,low1Up);
SetIndexBuffer(4,low2Up);
SetIndexBuffer(5,centerDown);
SetIndexBuffer(6,high1Down);
SetIndexBuffer(7,high2Down);
SetIndexBuffer(8,low1Down);
SetIndexBuffer(9,low2Down);
SetIndexDrawBegin(0, MaPeriod);
SetIndexDrawBegin(1, MaPeriod);
SetIndexDrawBegin(2, MaPeriod);
SetIndexDrawBegin(3, MaPeriod);
SetIndexDrawBegin(4, MaPeriod);
SetIndexDrawBegin(5, MaPeriod);
SetIndexDrawBegin(6, MaPeriod);
SetIndexDrawBegin(7, MaPeriod);
SetIndexDrawBegin(8, MaPeriod);
SetIndexDrawBegin(9, MaPeriod);

string short_name = "ClBB(" + IntegerToString(MaPeriod) + ")";
IndicatorShortName(short_name);

return(INIT_SUCCEEDED);
}


//------------------------------------------------------------------
//計算イベント
int OnCalculate(const int rates_total,          //各レート要素数
const int prev_calculated,      //計算済み要素数
const datetime &time[],         //要素ごとの時間配列
const double &open[],           //オープン価格配列
const double &high[],           //高値配列
const double &low[],            //安値配列
const double &close[],          //クローズ価格配列
const long &tick_volume[],      //ティック数(要素の更新回数)
const long &volume[],           //実ボリューム(?)
const int &spread[])            //スプレット
{
if( Period() > TargetPeriod ) return rates_total ;

for( int i = (rates_total - prev_calculated - 1); i >= 0 && !IsStopped(); i-- )
{
if( i >= rates_total - 2 ) continue;

int shift1 = iBarShift(NULL, TargetPeriod, time[i], false);
int shift2 = iBarShift(NULL, TargetPeriod, time[i + 1], false);

double ma1 = iMA(NULL, TargetPeriod, MaPeriod, 0, MaMethod, MaPrice, shift1);
double ma2 = iMA(NULL, TargetPeriod, MaPeriod, 0, MaMethod, MaPrice, shift1 + 1);

//ひとつ前の値は、表示している時間足の切り替えが発生したかどうかで変わる。
double minus1Center = shift1 == shift2 ? ma1 : ma2;

// 移動平均の方向によって値を設定するバッファーを変更する。
if( ma1 < ma2 )
{
centerDown[i] = ma1;
centerDown[i + 1] = minus1Center;
}
else
{
centerUp[i] = ma1;
centerUp[i + 1] =  minus1Center;
}

double std1 = iStdDev(NULL, TargetPeriod, StdPeriod, 0, StdMethod, MaPrice, shift1);
double std2 = iStdDev(NULL, TargetPeriod, StdPeriod, 0, StdMethod, MaPrice, shift1 + 1);

//ひとつ前の値は、表示している時間足の切り替えが発生したかどうかで変わる。
double minus1Std = shift1 == shift2 ? std1 : std2;


// 標準偏差の大きさによって値を入れるバッファを切り替える。
if( std1 < std2 )
{
high1Down[i] = ma1 + std1 * Sigma1;
high2Down[i] = ma1 + std1 * Sigma2;

low1Down[i] = ma1 - std1 * Sigma1;
low2Down[i] = ma1 - std1 * Sigma2;

high1Down[i + 1] = minus1Center + minus1Std * Sigma1;
high2Down[i + 1] = minus1Center + minus1Std * Sigma2;

low1Down[i + 1] = minus1Center - minus1Std * Sigma1;
low2Down[i + 1] = minus1Center - minus1Std * Sigma2;
}
else
{
high1Up[i] = ma1 + std1 * Sigma1;
high2Up[i] = ma1 + std1 * Sigma2;

low1Up[i] = ma1 - std1 * Sigma1;
low2Up[i] = ma1 - std1 * Sigma2;

high1Up[i + 1] = minus1Center + minus1Std * Sigma1;
high2Up[i + 1] = minus1Center + minus1Std * Sigma2;

low1Up[i + 1] = minus1Center - minus1Std * Sigma1;
low2Up[i + 1] = minus1Center - minus1Std * Sigma2;
}

}
return(rates_total - 1);
}


4 件のコメント:

  1.  はじめまして。ボリンジャーバンドのエクスパンションを教えてくれるツールを探していたときにこちらのブログを見つけ、拝見させていただきました。
     1つだけ気になったことがあったので教えてください。このボリンジャーバンドと通常のボリンジャーバンドを表示させたときに1日分ズレが生じているようなのですが、これは意図的にそうしているのでしょうか?よろしくお願いします。

    返信削除
  2. マルチタイムフレームで確定した情報を表示するため、確定した値のみ表示するようにしてあります。
    ただ、確かにシフトが0なのに、現在足の情報が表示されないのは問題ですね。ちょっと直します。

    返信削除
  3. 表示シフトが有効に働いていないのもあり、修正したバージョンを最新記事としてアップしました。

    返信削除
  4. 大変助かります。ありがとうございます。

    返信削除