2015年10月23日金曜日

メタトレーダーにPCパワーを貸しておこずかい稼ぎができるのか? 1週間結果編

http://mt4program.blogspot.jp/2015/10/pc-1.html
メタトレーダーにPCパワーを貸しておこずかい稼ぎができるのか?の続報です。



まず、Core-i5 650(2Core4HT 3.2GHz) 8GBメモリーのPCにインストールして1日放置しましたが、全く使われる気配がしませんでした。

そこで、さらにメインマシンであるCore-i5 6500(4Core 3.2GHz TB3.6GHz) 8GBメモリーのマシンにも火曜日よりインストールしてみて実験しました。さらに水曜日からはVPSで借りている仮想マシン Xeon W3540メモリ2GBのマシンにも、2エージェントのみ起動する形でインストールしてみました。

ということで、稼働マシンは下記3つです。
・10/19~ Core-i5 650(2Core4HT 3.2GHz) 8GBメモリー
・10/20~ Core-i5 6500(4Core 3.2GHz TB3.6GHz) 8GBメモリー
・10/21~ Xeon W3540(4Core8HT 2.93GHz) 2GBメモリー (CPU使用率制限2GHz)


ブログランキングにご協力よろしくお願いいたしますm(_ _ )m
にほんブログ村 為替ブログへ
にほんブログ村


結果は次の通りとなりました。




月曜日の13:00~金曜日の9:00までの結果となります。
0.12USDですので15円前後となります。

デスクトップPCの消費電力を平均して60WHとすると、1日電源入れておいた電気代は30円前後になります。うーん。1日の電気代にもなってなさそうです。

現状のままですと動かす価値はありません。MT5でEA作成している場合は、ローカル環境でバックテストを任すことができるため、そちらの人向けって感じに思われます。
水曜日に登録したエージェントは金曜日時点では出てきてもいません^^;;;


さておき、気が付いたことを記述していきます。

・MT5TesterAgentsをインストール後、1~2日間は全く使用されませんでした。
・日本時間帯はほとんど使われません。朝に少し動くことがあるぐらいです。
・Intel Corei5 650と比較してIntel Core i5 6500のほうにタスクが割り当たります。
・水曜日に比べて木曜日のほうが多くタスクが割り当たりました。
・なぜかIntel Corei5 650マシンは1サービスしか使われていません。

サンプル数が少ないため、はっきりと言えませんが、動きから下記と予測しました。

・より早いCPUを使用しているPCに対して優先してタスクを割り当てています。
・長期に動作しているTesterに対してタスクが割り当たります。
・欧州-アメリカ時間にバックテストが行われるため、あちらの深夜時間帯に割り当たる日本時間ではあまり使われません。
・リアルコア数 -1のタスクを割り当てる?

MQL5.comにフォーラムを立ち上げましたので、よろしければ皆様の使用状況などを情報交換しませんか?
https://www.mql5.com/ja/forum/65780

ちなみに現在MQL5.com/jaですが、日本語ページのフォーラムが公式からの書き込みしかありませんねー。とりあえずなんとなく、ブログで公開しているTEMAをMQL5に登録してみました。モデレータがチェックしてくれるそうなので、何かしら問題があれば、教えてくれるし勉強がてらに。


0 件のコメント:

コメントを投稿