2017年8月4日金曜日

[MT4]小ネタ インジケータもバックテストできます。

MT4でのバックテストというと、EAを思い浮かべる方が多いですが、インジケータもバックテスト可能です。

1.ストラテジーテスターの表示
MT4メニュー→表示→ストラテジーテスターを選択します。

MT4の下側に「テスター」という子ウィンドウが表示されます。

2.インジケータを選択してテストしたいインジケータを選びます。

 セッティングウィンドウ左上の「エキスパートアドバイザ」となっている
 リストボックスを「インディケータ」に変更します。

 その後、テストしたいインジケータを選びます。
 複数組み合わせで選択したい場合もとりあえず代表の一つを選びます。


3.細かい設定を行います。
 通貨ペアはトレードしたい通貨ペア
 モデルは何でもいいですが、全ティックですと足の形成途中でも表示します。
 (ただし遅いです)
 素早く見たい場合は、コントロールポイントを選択します。

 期間は、最近一週間ぐらいを選択します。

 ビジュアルモードは自動的にチェックされます
 ビジュアルモード横のスライダは描画速度です。左にすると遅く右にすると早くなります。

 あとはスタートを押すと画面にチャートが表示されます。

4.そのほかのインジケータを追加します。
 スキップボタンの左となりにある「||」ボタンを押すといったん停止します。
 その状態で、チャートに見たいインジケータを追加したのち「>>」になっているボタンを押します。

複数通貨の場合などの確認には難しいですが、単一通貨ですとこれで確認可能です。
試用版などを過去にさかのぼって確認するのにご利用ください。

5.その他コツ
 モデル:全ティックを選択した場合M1のデータをベースに動作します。
 あらかじめテスト対象通貨のM1チャートを開き一番左端までチャートを移動してデータを取得しておいた方が良いです。
 モデル:コントロールポイントの場合は、一つしたのデータです。例えばH1ならM30のデータをもとに動作します。M30のチャートを開いてあらかじめ左端まで移動してデータを取得しましょう。

「MT4でFXを勝ち抜く研究をするブログ」で公開している無料インジケータは、こちらの一覧から。
インジケータ一覧

Twitterもよろしくお願いします。
https://twitter.com/mt4program
Trading View プロフィール

ブログランキングにご協力よろしくお願いします。m(._.)m
にほんブログ村 為替ブログ FX テクニカルトレード派へ
にほんブログ村

お約束ですが、本ブログは、投資に対する利益を約束する物ではありません。最終的には自己責任によるご判断よろしくお願いいたします。

0 件のコメント:

コメントを投稿