2016年6月4日土曜日

[変化率&フラクタル]フラクタルバンドと変化率分散バンドの合わせ技。ダブルトップボトム表示機能の紹介

販売中のフラクタルバンドですが、ダブルトップボトムを表示する機能があります。

トレンド系のインジケータと組み合わせる必要がありますが、利食いやポジションのタイミングに利用可能です。

パラメータの
「ダブルトップ・ボトム矢印を表示するかどうか」をtrueにすると、ダブルトップ・ボトムを判断してチャートに→を出します。




変化率分散バンドでの価格変動予想幅を見ながら行き過ぎタイミングからのダブルトップ・ボトムでのトレードを考察してみます。

■フラクタルから求めるダブルトップ/ボトム表示 + 変化率分散バンド USDJPY H4

チャートはドル円 4時間足 2016/4/2~6/2です。

インジケータ設定は下記の通りです。
フラクタルバンド設定:
「フラクタルを表示するかどうか」 false
「ダブルトップ・ボトム矢印を表示するかどうか」 true

変化率分散バンド設定:
「ハンド1 σ値」 1.2

真ん中の下げからダブルボトムが少し離れすぎているのと、その後の上げからのダブルトップ判定は短期的には失敗(ある程度持つなら、利食いの場あり)といった形になっています。

・ダブルトップ・ボトムが表れるということは、いったんの底値・高値位置の可能性が高い。
・変化率分散バンド 1σ内の動きでのフラクタル発生は真の高値安値ではない。

という2点を前提にしています。

トレードを考えるうえで、ランダムではない動きと、心理的な抵抗線形成というを判定する方法の紹介でした。

フラクタルバンドは試用版を公開中です。
フラクタルバンド2016/06/24まで使用可能な試用版
フラクタルバンド 試用版

フラクタルバンド 1680円 認証コードなしの売り切りにて販売中です。
頂点位置からレンジ帯を表示する
フラクタルバンド


変化率分散バンド 試用版 2016/05有効
変化率分散バンド 試用版
(2016/5までは値が表示されます。)

変化率分散バンドは、こちらで好評発売中
変化率から求める統計的バンド幅!
変化率分散バンド

「MT4でFXを勝ち抜く研究をするブログ」で公開している無料インジケータは、こちらの一覧から。
インジケータ一覧

Twitterもよろしくお願いします。
https://twitter.com/mt4program

ブログランキングにご協力よろしくお願いします。m(._.)m
にほんブログ村 為替ブログ MetaTraderへ
にほんブログ村

お約束ですが、本ブログは、投資に対する利益を約束する物ではありません。最終的には自己責任によるご判断よろしくお願いいたします。

0 件のコメント:

コメントを投稿